交野カントリー倶楽部 交野カントリー倶楽部
リンク集 サイトマップ お問い合わせ

HOME > かわら版(スタッフの声)

かわら版

会員様の声 スタッフの声

はじめまして

総務部の柴田と申します。

私は平成19年11月よりレストランで勤務しており、
平成24年3月より事務所の方に配属となりました。

事務の仕事はまだまだわからないことも多いですが、
一生懸命頑張っていきたいと思いますので宜しくお願い致します。

総務部 柴田

△up

こんにちは!

平成23年4月よりフロントで勤務しております川辺と申します。

5ヵ月経ってだいぶ職場にも慣れてきました。

これからは、お客様とのコミュニケーションを大切に信頼関係を
築いていきたいと思います。

一生懸命頑張りますので、宜しくお願い致します。



 フロント 川辺

△up

楽しい1日は挨拶から!

会員の皆様にはいつもお世話になっております。
フロントの田能(タノウ)と申します。

私が交野カントリー倶楽部に初めてお世話になったのは、大学生の頃です。知人の紹介でアルバイトキャディとして勤務させて頂ける事になりました。キャディとして、お客様と一緒にコースをまわりながら、様々なご指導を頂き、体力もつきました。

昨年から、フロントに採用していただき仕事が変わりましたが、私がキャディをしていたことを覚えていて下さった会員様がいらっしゃったのも励みになりまして、この1年間はあっという間に過ぎた感じがします。

私がフロントの仕事をするに当たっての最初の目標は、明るく元気に挨拶をして、「全ての会員様の御顔と御名前を覚える」ことからでした。朝、お客様がご来場されてから、1日を気持ち良くプレーして頂き、1日を楽しんでお帰り頂けるよう願ったからです。

これからも、皆様に倶楽部ライフをより一層楽しんで頂けるよう、明るく元気な挨拶をさせて頂きたいと思います。また、ご不明な点がございましたらお気軽にお声かけ下さい。

会員の皆様には、今後ともご指導の程、宜しくお願い申し上げます。

 フロント 田能

△up

はじめまして

初めまして、コース管理部の田代です。

平成21年3月に入社しました。入社当時は右も左も解らず、戸惑ってばかりでしたが、徐々に慣れてきて色々な作業を経験し勉強しています。

また、今期(平成22年度)から着工した老朽化による散水設備改修工事の担当者をさせて戴き、諸先輩方のアドバイスやサポートの結果、無事、第一期工事を終える事が出来ました。今回の経験を活かし次期工事へ繋げたいです。

私は、スポーツを通じて運動する事と観戦する事が大好きですが、まだゴルフは経験したことがありません。今後、ゴルフを覚えて良いコース作りに貢献出来る様頑張りますので、どうぞ宜しくお願いします。


コース管理部 田代

△up

はじめまして

平成22年2月より運営部で勤務しています川越と申します。

学生の頃からずっとゴルフに携わってきましたのでこの経験をいかして皆様にプレーのしやすい環境を作れるよう一生懸命頑張りますのでよろしくお願い致します。




マスター室 川越

△up

はじめまして

平成22年2月より総務部で勤務しています増田と申します。

2月は10日間クローズがあり、雪かきなど貴重な経験ができました。新しい職場では、覚えることが多くバタついている毎日です。恥ずかしながらゴルフの方は、社内コンペで断トツの最下位でした。

次回、このかわら版では、報告しても恥ずかしくないスコアになる様に頑張りたいと思います(私自身、切実に希望しています)。

勿論、ゴルフだけでなく、仕事も頑張りますので、今後とも、宜しくお願い致します。

総務部 増田

△up

いずれはゴルフを

平成22年1月からコース管理部で勤務しています五十野です。

以前は遊園地で働いていました。ゴルフとは無縁の生活を送っていたので、ゴルフ場という新しい職場に戸惑いもありましたが、自分なりに精一杯頑張って働いていくつもりです。

まだ芝生も枯れた状態で早く青々とした緑の芝生を見てみたい気もしています。緑を保つにもいろいろ管理があるそうなんでこれから先輩に教わりながら綺麗な芝生が育つよう勉強していきたいと思います。

また、いずれはゴルフも始めて趣味と仕事をともに楽しみたいと考えています。今後ともよろしくお願いします。

コース管理部 五十野

△up

はじめまして \(~o~)/

皆様こんにちは。フロントでお世話になってます祢=iネギ)です。ゴルフの経験は両親について打放しに行く程度でしたが、皆様が楽しそうにゴルフをされているのを拝見して週に1回位ですが練習をするようになりました。ラウンドに出れるのはいつになるか分りませんが日々コツコツと頑張ります。
交野カントリー倶楽部に来て早や3ヶ月が過ぎようとしてます。毎日が勉強でまだまだ至らない点もありますが一生懸命頑張りますので宜しくお願いします。

フロント 祢

△up

神戸ゴルフ倶楽部に行ってきました(^^♪

4月23日、交野CCキャディの社外研修として総勢12名で神戸ゴルフ倶楽部に行ってきました。1903年設立の100年を超える歴史あるゴルフコース。スコアは兎も角それぞれが歴史あるコースを体感し感激しキャディとして大変プラスとなる経験となりました。それぞれのラウンドレポートを報告いたします。

本日は先週から心配していた雨も上がり、少し風が強い中でしたが無事に神戸GCの研修を終えることが出来ました。私は交野CCの総務委員であり神戸GCの会員でもある秋山真邦さんとご一緒させていただき、ラウンド中にも倶楽部にまつわる色々な話を拝聴させていただき大変勉強になりました。予想をはるかに超えたスケールのゴルフ場で、激しいアップダウンとブッシュに悩まされながらも本来のゴルフの楽しさを味わった気分になりました。驚いたのは若い学生キャディさんがバッグを4つも担いでくれて本当に気の毒に思いました。しかし同じキャディとしては彼らの仕事は私達の仕事とは全く違うようです。私達はお客様へのクラブ運びという仕事だけにとどまらず、距離やねらい目、グリーンのラインにお客様との会話等々ありとあらゆるサービスを提供しなければなりません。大変ですが、お客様と意見のあったときにやりがいと満足感を感じて仕事をしています。これからも仕事に誇りを持って頑張っていきたいと思いました。

Y・T

1903年設立の100年を超える歴史あるゴルフコース。それに相応しい趣きあるクラブハウスは随所に古さと新しさが上手に調和されていて、木の温もりが自然の中ですんなり溶け込んでいました。名物料理も「カレー」という所に神戸という土地柄を感じさせてくれました。少し前に戻りタイムスリップした様な神戸GCには、ゆったりとした時間が流れ、穏やかな時間が居心地の良い空間を与え続けているのではないでしょうか。交野CCに来場されるお客様も休日を余暇を楽しく過ごす為に来られている。私もキャディとしてお客様に楽しくて疲れを癒せる空間を感じて頂くため、今まで以上に努力して、そして自然に感謝しながら日々の仕事に取り組んでいこうと思います。

Y・N

キャディという仕事に関わり、ゴルフというものをはじめてするようになり腕前は?という私が100年も歴史ある神戸GCでプレーするという素晴らしい体験ができました。コースはびっくりするほど難しかったですが、楽しくラウンドできました。成績は^_^;最悪でしたがゴルフを通じ色々な人達と出会い、自分の人生においても素晴らしい出会い、体験をさせていただきました。今回の神戸GCは本当に楽しかったです。

N・K

今回は本当に良い経験をさせていただきました。アップダウンが凄く、山越えのような打上げがあるかと思うと、グリーンが谷底の様な場所にあったりとビックリさせられっぱなしでした。グリーンも綺麗で交野CCよりは重く感じられましたが、上からは速く、切れる所は大きく切れていくので、ラインを読む楽しみもありました。もう一つ素晴らしかったのは、ゴルフ場から見下ろす神戸の景色、町並みがとても綺麗でした。思った以上に寒く風が強い一日でしたが、ゆったりとした贅沢な時間を経験させていただきました。

M・N

今回、神戸GCでプレーさせて頂いて思ったことがあります。100年以上前に出来たこのゴルフ場からは伝統と歴史がいたるところに感じられました。元々イギリス発祥で始まったゴルフですが、はるばる海を越えて日本へ伝わりこの自然豊かな六甲の景色に見事に溶け込みマッチしました。そんな神戸GCでプレーできたことはいちキャディいちゴルファーとして非常に光栄なことと思います。クラブハウスは少々古びていましたが、そのクラブハウスにあるレストランの窓は暑い夏でも六甲の高原特有の涼しい風が通りやすいよう工夫されていました。また、アップダウンの激しいコースで、グリーンの位置もキャディさんのアドバイス無しでは全く分らずキャディの仕事の重要性をあらためて感じました。私もメンバー様、ビジター様など関係なく親切に分りやすくコース案内できるよう努めたいと思います。

S・D

車を降りて、まずクラブハウスからして・・・ビックリ!昔ながらの造りそのままで、中に入っても近代化された所が一つも無くまるで昔にタイムスリップスリップでもしたようで小学校の頃を思い出させてくる建物で驚きました。いざ、プレーすることになりコースに出ても感動でした。いつも見ているゴルフ場とは全く違い、時々「ここがゴルフ場?」って思うような風景で、プレーするにはキャディさんの説明を聞かないとどこに打っていいかも分らず、言われた方に打っていくと「あぁ、こんな風になってるんだ」と感心。全く想像のつかない世界でした。少し肌寒く、風の強い日でしたが、ゴルフのスコアは気にせず、楽しい一日を過ごすことが出来ました。

K・K

1896年、イギリス人グレーム氏が当地に日本で最初のゴルフコースを造られたそうで、どんなコースなのか、わくわくしながら行きました。着いてみると、古いアンティークな内装でとても落ち着いた雰囲気のロビーやレストランで素敵でした。いよいよコースに。学生キャディが4つのバッグを担いでアップダウンのあるきつい坂を歩くのは大変と思うとともに感心しました。各ホールには愛称があり、1番ホールはDumpie(ウィスキーの名前)、2番ホールはKobe(ティグラウンドから神戸の港が見渡せるから)など興味深いことでした。また、ホール毎に見渡せる景色の素晴らしいこと、グリーンに上がる度に美しい景色が広がり感激しました。本当にどのホールも飽きさせない、わくわくする素晴らしいコースでした。

T・T

当日の気温は18〜20度と聞き、薄着で望んだ私は車を降りた瞬間から後悔することになり、仕方なくカッパを着てのプレーとなりました。スタートは3組のなかの1組スタートで後続組の皆が見守る中、しかもメンバーの秋山さんとご一緒とあってかなりの緊張。秋山さんナイスショット、続くNさんナイス、益々緊張は極限。そんな後にティアップの私は手も足もガクガクでしたが、それが効して力が抜けたのかなんとナイスショット。続く2ホールもパーがとれ、今日はこれでもう帰ってもいいと思いました。はじめは秋山さんと一緒ということでかなり緊張しましたが、そのホールの特徴や見える景色の説明を親切にしていただくうちに、これは秋山さんと同じ組にしてもらえてなんとお得なことか実感していき、おまけに難しいライからでも同じように出来るアプローチのやり方を教えていただき、練習課題まで与えていただきました。今回、このような企画を立ててもらわなければ、なかなか訪れることもなかったでしょう日本のゴルフ発祥の地で、その歴史に触れラウンドできたことを感謝します。機会があれば、また是非訪れたいと思います。

H・H

神戸GCに行く前日、先ず10本のクラブ選び、何を持っていけばいいのか迷い、ドライバー、クリーク、ユーティリティ、6、7、8、9、P、S、パターと決めました。当日、飛ばない私はティショットはショートでも殆どドライバー。結局使ったのはウッドと6、P、パターのみで7、8、9アイアンは1回も使わずでした。プレー終了後に秋山さんからゴルフの歴史をいろいろ説明して頂き100年前のゴルフボールのレプリカを触らせて頂き感動しました。絵葉書、グリーンマークまで頂きまたまた感動。交野CCで働いていなければゴルフも知らずにいたと思います。ゴルフの楽しさを覚え幸せです。いろんなコースに行ってみたいと思います。又、今回のような機会があれば是非参加させて頂きたいと思います。

H・M

神戸GCへ行って、楽しかったけど難しさに悩まされました。平坦な所は殆ど無くいつも体が傾いた状態でどう打てばいいのか^_^;と1打1打考えながら苦戦していました。前半はハイテンションで同じ組の人達と大はしゃぎで会話も弾んでいたのに、UP,DOWNが激しく口数も減って、もう各自、自分のボールに向かって突き進んで黙々と打つのみ^_^;それでも終わってみてすごく楽しかった(^^♪と良い思い出です。自分たちでは行けない様な素晴らしいゴルフ場へ行けた事、100年以上の歴史ある他のゴルフ場には無い物を沢山見せて頂き、ゴルフの原点を知り、貴重な経験と勉強が出来ました。私は交野CCが大好きです。でも今回神戸GCへ行って交野とは違う良さ、ここにしか無いという歴史の素晴らしさには感動しました。また、このような機会があれば是非参加させて頂きたいと感じました。

M・I

神戸GCのクラブハウスはバーカウンターが残り、レトロな雰囲気で時間の流れもゆっくり感じるまさに癒しの空間でした。当日ご一緒いただいた秋山さんから神戸GCの歴史やコースの特徴、各ホールの愛称の由来など説明頂きました。実際にプレーして自然を活かしたアップダウンの激しいコース、バンカーの独特な砂、傾斜の急なグリーン周りアプローチ、強い風の影響を受けるコース攻略等、私にとってまさに難関コースの経験でした。プレー後に秋山さんからクラブハウス内に展示されている神戸GCの開場式で服部知事が始球式で打ったボールを見せて頂いたり当事使われていたボールを触らせて頂きました。今のボールと違いボールの表面が細かい格子状にカットされていて重さも随分軽いので驚きました。神戸GCの歴史と伝統は長い時間ときめ細やかなサービスを積み重ねて価値観を作り上げゴルフを通してお客様の満足を追及してこられたんだと強く感じました。私も今回の経験を交野CCの一員として少しでも今後に活かせるよう努力したいと思います。

T・A

心配していた雨も上がり始めてのゴルフ場への期待を胸に百年の歴史とはどういう物なのか心躍らせながらのドライブでした。車1台しか通れない進入路。昔は歩いて登ったと聞き納得しました。クラブハウスは木造。鉄筋とは違い傷んだ所だけ修理し今に至っているとの事。暑さ寒さに対しての工夫が成され、ラウンド終了後に語り合えるバーも用意され、今とは違う時間の流れが感じられました。スタート時間が決まっていないのにも驚かされました。コースは標高845メートル。下界より4〜5度位気温が低くさらに風がかなり強いので何度と無くバイザーが飛ばされ取りに走る場面がありました。ティショットがグリーン手前のラフに飛んだのにロストになった時は、キャディが5人(?)も見てたのになんで・・・。自然の悪戯か悔しさと不思議な気持ちになりました。男子学生のキャディ君がバッグを人数分担いでくれるのも始めての経験でした。秋山さんに神戸GCの歩みを教えて頂いた時には驚きで一杯の反面、今のゴルファーのどの位の人が日本で最初のゴルフコースがここに有り、百年の歴史が有るという事を知っているのか疑問に思いました。今回の参加で得た経験は私の人生に深く残ると思います。また知人にも話しをしてあげたいと思いました。

K・M

△up

関西女子ミッドアマチュアゴルフ選手権競技決勝戦を終えて

平成18年10月12日(木)と13日(金)の2日間に亘り、当倶楽部において関西女子ミッドアマチュア選手権の決勝競技が行われました。

当倶楽部で女子の公式決勝競技が行われるのは、26年ぶりのこと。
ただし、女性ゴルファーを取り巻く環境は26年前と現在では大きく変わっています。
つい最近日本女子オープンゴルフが開催されたばかりで、更にその後も数多く女子のゴルフトーナメントが行われ、女性ゴルファーが注目を集めている最中です。

そんな中での、関西女子ミッドアマ競技の開催。
一度にたくさんの女性ゴルファーをお迎えするため、ハウス設備の変更などスタッフ一同、皆で色々と知恵を出し合いながら、開催準備に追われました。
どのようにすれば女性プレーヤーが快適にプレーに専念することができるか、コース整備はもちろんのこと、食事やお風呂にまでこだわりました。


(大会専用のティーマーク) (霧に包まれたスタートホール)

大会初日は、朝からいきなり濃い霧に包まれ、スタートが20分程度遅れるというアクシデント。しかし、その後は好天に恵まれ2日間とも絶好のゴルフ日和になりました・・・ほっ

優勝は、小林弘実さんに決まりましたが、優勝のスピーチの中でもお褒めの言葉をいただくことができ、それまでの疲れが吹き飛びました。こちらこそ、ありがとうございます。


(小林選手の優勝スピーチ) (スコアボードに見入る選手)
女性ばかりで華やかです・・

記:総務部 奥村

△up

日本女子オープン 初日観戦記  (9/28)    

平成18年9月28日(木)日本女子オープン開催初日。さっそく観戦に行ってまいりました。
新聞などで報道されているように大会初日から会場は、熱気に包まれています。


注目の宮里藍が今どのホールでプレー中なのかは、観衆の動きと、どよめきですぐにわかるほどです。それでも、まだ大会初日とあってか、宮里藍のプレーを結構間近で見ることができました。


ピンの横に宮里藍(近くからは撮影できませんでした)


宮里藍は、オーラがすごい
です。観衆の拍手に応えるときのポーズ、フェアウェイを移動するときのピンと背筋を張った歩き方。観衆が大勢いるのに不思議なほど静まりかえったティインググラウンドでのスーパーショット。どれをとってもスーパーヒロインの素質が十分溢れていました。

それと・・
意外に良かった観戦ポイント・・それは指定練習場です。私が行ったときはちょうど横峯さくらがラウンド後の練習をしているところでした。それを真後ろから10メートル以内の至近距離で見ることができ、打球の球筋をゆっくりと目で追うことができました。
コーチとの会話も耳に聞こえてくるし、選手同士の挨拶や会話のやりとりにも間近で触れることができます。


横峯さくらの練習風景

諸見里しのぶは自分でサインペンを持参して気軽にサインに応じてくれていました・・ラッキー。
ほんの15分ほどの間しか居ることができませんでしたが、横峯さくら、福島晃子、諸見里しのぶ他蒼々たるメンバーが同じ場所でプレーしているという不思議な空間でした。

まだ、戦いの火蓋は切られたばかりです。ぜひ一度、観戦をお勧めします。

記:総務部 奥村

△up

コースデビューを夢見て (9/2)

6月より総務部で勤務しております岩永昌子です。

まだ、わからない事ばかりで毎日 緊張しながらも、青々とした緑の景色と皆様の楽しそうな姿に感動しています。

10数年前、誘われて姉のお下がりのクラブでゴルフを始め、3〜4年熱中した時期もありましたが、育児に追われる月日の中で、ゴルフクラブは物置の一番奥にしまわれていました。先日、そのゴルフクラブを取り出し、打ちっ放しに行ってみました。古いクラブでの恥ずかしさと、空振りへの不安もあり、人目を避けて一振り!飛ぶことなく、勢いよく転がるボール・・・。この結果には少しがっかりしましたが、コースに出られる日を夢見て、再挑戦してみようと思っています。

仕事もゴルフも未熟で、ご迷惑をお掛けすることがあるかもしれませんが、ご指導のほど、よろしくお願いいたします。季節ごとの景色の変化、そして皆様の笑顔を想像しながら、ご来場を心よりお待ちしております。

△up

目映い緑の季節となりました。(6/18)

皆様ご機嫌いかがおすごしでしょうか?
キャディという仕事も知らず無我夢中で始めて十数年、O型気質の私は粗雑で気が回らず、おっちょこちょいで、接客業としてはちょっと資質に欠ける所もあり悩みながらも周りの方々に助けていただいて現在に至っております。

ゴルフは他のスポーツと違って誰も助けてくれませんよね。自分自身と戦いながら、マナーとルールと心遣いを大切にしてお仲間と愉しむ素晴らしいスポーツですね。私はキャディーとして楽しく、気持ち良く1日を過ごしていただけるお手伝いが出来ればと思っています。

野球はセ・パ交流戦もたけなわ。サッカーもワールドカップが開催しました。残念ながら日本は初戦のオーストラリアに追い上げられ惜敗しましたが諦めず頑張ってもらいたいものです。全米女子プロゴルフでは藍ちゃんも惜しくも3位でしたね。スポーツ花盛りのシーズンで観戦も楽しいですけど、やはり自分でPLAYするのが一番!

交野の5月は紫陽花、菖蒲、芝の緑も一番美しい季節を迎えます。素晴らしいロケーションのコースで皆様のお越しをお待ちしています。

ながたみゆき

△up

ゴルフデビューしました(^.^)(2/14)

昨年の女子プロゴルフ界は宮里藍、横峰さくらなどの人気でテレビ中継が増え、ゴルフ人気が高まり交野カントリー倶楽部でも女性のお客様が増えたような気がします。
私も交野カントリー倶楽部に勤めて数年になりますが、昨年やっとゴルフデビューしました。
ゴルフを始めて楽しさや難しさを実感する事ができ、ゴルファーの気持ちが少し理解できるようになった気がします。
今、世界の注目はトリノ冬季オリンピックに注がれていて私もフィギアスケートの日本人の活躍を楽しみにしています。
オリンピックが終わると交野カントリー倶楽部の四季の中で一番好きな桜の季節の春がやってきます。
春にむかってゴルフのワンランクアップを目指して頑張りたいと思います。

運営部キャディ T・A

△up

スタート室から (2/7)

昨年6月からアルバイトとして当倶楽部に勤めさせていただいています下西甫(しもにし はじめ)です。

私は高校までサッカーをしていましたが、父に連れられゴルフ練習場に行ったのがきっかけで、ゴルフに興味を持つようになりました。高校卒業と同時にゴルフ練習場でアルバイトをしていましたところ交野カントリー倶楽部でキャディを募集していると聞き則応募し入社させていただきましました。
最初はキャディをしていましたが、今はマスター室のお手伝いをさせていただいています。

マスター室はキャディと違った大変さがいくつかあります。
今私が一番気を使っているのが、お昼のスタート時間です。時間を決めることぐらい簡単じゃないかと思われるかもしれませんが、全体の流れ、前の組との間隔、お客様が十分に休憩を取っていただけるかなど注意しています。また、朝のスタートでぎりぎりまで揃われない組があると全体にスタートが遅れることになり大変気をもみます。皆様、スタート時間には遅れないよう是非お願い致します。私も、お客様が1日スムーズに楽しくプレーしていただけますよう頑張りますので宜しくお願
いします。

△up

交野カントリー倶楽部に来て (1/20)

私は別の関西のゴルフ場のコース管理で数年勤め、この度交野CCでお世話になることとなりました美馬行蔵です。
当倶楽部に来て最初の印象は、グリーンも良く、樹木も綺麗に手入れされていて良いコースだと感じました。
これから、経験も活かし更に良いコースになるよう努めていきたいと思いますので宜しくお願い致します。


△up

ゴルフ場で働くにあたって (1/3)

明けましておめでとうございます。

私は昨年10月よりコース管理部で勤務しております本多晋也です。
前の職場は北海道のホッカイドウ競馬米川昇厩舎に所属していました。
高校卒業と同時に北海道に行き、4年間1人でやってきた自信と根性を
交野CCで活かしたいと思っておりますので宜しくお願いします。




△up

やってしまいました! (10/6)

レストラン勤務をさせて頂いてから早や1年が過ぎました。
入社した頃は何かと大変でしたが、この頃はお客様からも顔を覚えて頂き冗談を交えた会話も出来るようになり嬉しく思っております。
これからも1人でも多くのお客様に満足して頂く様,質の高いサービスを提供して参りたいと思います。
これからの話はプライベートなことなのですが私はゴルフが大好きでキャリアは25年ほどになります。
今年、平成17年9月20日
交野カントリー倶楽部OUT3番ホールにて人生初のホールインワンを達成いたしました。自分で話すのも何ですが、バックスピンがかかり、ほれぼれするようなショットでした。嬉しい〜
後で考えてみてホールインワン保険に入ってなかったことに気づきました。
ここで一句
  無保険で 入れて ひきつる 笑顔かな
「カアチャン、記念品代金、前借りさして〜」

レストラン 上田 晃

△up

グリーンキーパー(代行)就任ご挨拶

はじめまして、8月1日よりグリーンキーパー代行に就任しました、藤原 稔玄(30歳)です。
コースメンテナンスの経験は、19歳から始めまして今年で12年目になろうとしています。
きっかけは、高校3年生の時にアルバイトで枚方カントリー倶楽部のFW散水に行ったのが始まりです。その時は、ただホースを繋いで水撒きをしていただけなのですが、今では、交野カントリー倶楽部のコース全体を管理する事になり、やりがいを感じています。
皆さんは、グリーンキーパーと言う仕事は、朝が早く、夕方も日が暮れるまでと言う大変なイメージがあると思うのですが、早朝のコースほど、最高に綺麗なものはありません!
この8月は朝焼けと夕日を見て一日の仕事が終わっていました。
これからも、じっくりコースと向き合い、素晴らしいコースにする事が目標です。どうぞ宜しくお願い致します。

△up

フォエバー・ゴルフ (9/9)

♪泣いて昔が帰るなら、何で愚痴など云うものか〜♪(アー コリャコリャ)
毎々聞かされる昔若かった(今も充分お若い)メンバー様の愚痴。「昨年までは、あのバンカー楽々越えていたのに・・・。あの松の木なんてへのへのカッパやったのに・・・。クラブは代えれても腕は代えれへん。ブツブツ・・・。」よーく分かります。私だって、こないだまで若くて、細くて、美しかったのに???
出来ればバンカーに蓋をして、カラスを手なづけて、皆さんの過去の栄光を取り戻せたら・・・。と
でも、ゴルフっていいですね。老若男女、公平なスポーツです。一打毎に一喜一憂、過去を懐かしみ愚痴を云いながらいつまでも元気で、仲間の皆さんとプレーを続けて戴きたいものです。私達キャディは皆様の応援団です。

△up

右?左? (9/4)

先日あった話なんですが、15番のショートホール。右下にピンがあってお客様のボールが左上についたので「スライスです」とラインを言うとお客様「ほんまにスライスか?」と聞き返され、他のお客様も「どう見てもスライスやんか・・・」と。お客様不承不承スライスラインで打たれたのですがボールはカップからは反対にそれていきました。打たれたお客様「フックやんか」「えっ・・・」私も他のお客様も「・・・??」すっかり忘れてしまっていたんですが、そのお客様サウスポーだったんです。
とても仲の良いメンバー様で笑ってすみましたが、気をつけないといけないなと反省の1日でした。

運営部 M・N

△up

コース管理報告(8/13)

コース管理部 田中重広です。

コース管理作業全般と散水設備管理をしています。
今年6月頃は少雨の影響でこの夏が心配でしたがその後豪雨に近い雨が降り芝枯れ等はうまく免れました。また、当倶楽部では散水は夜間にコンピューター管理による自動散水をしています。グリーンに撒く水は少しでも綺麗な水をということで井戸水を使用し雑菌が繁殖しないよう気をつけております。ご来場の皆様がいつでも綺麗なグリーン、フェアウェイでプレーいただきますよう努めています。また、今後コース情報も逐次報告させていただくことになりましたので宜しくお願いします。
最後に、私事ですが昨年3女が生まれ、子育てにも芝生以上の神経を使い奮闘しています。

コース管理部 田中 重広

△up

レストランから(6/30)

↓touch me

いつもレストランにてお世話になっております。私、柴田裕介と申します。

クラブレストランとは皆様とお顔を会わす時間が最も長い場所なので見覚えのある方も多いかと思います。

毎日、楽しくお話させていただき、また時には貴重なご意見をいただく事、大変感謝しております。

私はプレーはもちろんの事、ハウス内でのクラブライフを満喫していただけるお手伝いができればと、そんな気持ちで日々努力しております。
これからも、より満足していただけるレストランを目指して頑張ってまいりますので、何かお気付きの点などございましたらご遠慮なくお申し付けください「今日も一日楽しかった」と喜んでいただけたなら幸いです。

さて、話は少しばかり私事になりますが・・・来年の1月には2児の父親になります。早いもので上の子は1才8ヶ月好奇心旺盛で、この間私が家で素振りをしておりますと、どこから持ってきたのかラップの芯を振り回してボールを転がしていました。

今や、おもちゃ売り場でも子供用のゴルフセットがあるのには驚いたものです。
ゴルフは集中力を高めるのにとてもいいということで、小学校でも授業の一環として取り入れられているそうです。子供たちが使いやすいように、大きめのヘッドで軽いクラブに、大きめのボールを使ってプレーするそうです。昔と比べて、より身近なスポーツになってきた事は間違いありません。

会員様の中には、お子様と一緒にパター練習をされている姿を何度かお見かけしたことがございます。いつか私も子供たちを連れてコースに出てみたいものです。
そんな私ですが、これからもよろしくお願いいたします。

                        レストラン 柴田裕介

△up

下手なゴルフですが・・・(6/16)

会員の皆様、いつも有難うございます。
総務部 此和です。

私もゴルフを数年しています。社内コンペが春季、秋季に開催され参加していますので、コンペ前になったら何回か練習場にいき、今度こそはと挑戦しますが上位に入賞したことはなく、その度に悔しい想いをしています。

コンペの後、続けて練習しようと思いつつ寒い、暑いと理由をつけ止めてしまっていました。近頃、これではいけないと続けて練習場に通って「今度こそは成果が出そう」と挑みますが何故かスコアーは良くならず、何故々と自分に問いかけ、自分の腕は頼りにならないからとクラブを新しく替えては練習しています。
でもやっぱり我流ではだめかな、ゴルフスクールにでも入門しようかな?
と思いつつ、いつの日か100を切る夢をみて練習、練習、練習・・・  

お客様が「今日は苦しみのゴルフやった。もうゴルフやめるは」と言って帰られても2、3日後に又顔を見ると嬉しくなります。
私も下手なゴルフですがやめようと思ってもやめられません。身体をリフレッシュしてくれますし。でも苦しみもありますが・・・

ゴルフにはベストシーズンです。太陽の下で心地よい汗を流しゴルフ仲間とゴルフ談義を語らいながら楽しい1日をお過ごし下さい。コースの色々な花、樹木とともに皆様のご来場お待ちしております。

総務部 此和(コノワ)

△up

弘法、筆を選ぶ (6/10)

「弘法、筆を選ばず」と学生の頃に教わりました。
社会人になって書道の先生に「弘法も筆を選ぶんですよ。いくら字が上手でも筆先が割れていたり切れていたら美しい字は書けませんから筆は良いものを使って下さい」と。確かにおっしゃる通りだと思いました。
そして今は、筆をゴルフクラブに持ち替えて練習しています。
最近、ドライバーの飛距離が落ち当たらなくなってきたなと思っていた所、コーチに「年々筋力は落ちていくんです。10年間落ちない人なんていないんです。日々科学は進歩しているんですから文明の力を使わなきゃ。今の自分に合っているクラブに買い替えなさい」と言われました。
10年以上もしつこくパーシモンを使ってきた私には耳の痛い言葉でした。
弘法も筆を選ぶのなら凡人の私はもっとクラブを選ぶ必要があるかもしれないと思う今日この頃です。

運営部 看谷(ミルタニ)

△up

カラスにご注意! (5/21)

14番ホールのカラスにご注意!
ボールをくわえて穴に隠したり、くわえて行ったり大変ないたずら者です。
先日もお客様が14番ティショットされると右端のバンカー方向へ。
OBすれすれでしたがなんとか右端のバンカー内でセーフ。
ところが一羽のカラスがボールのそばをうろうろー、うろうろー。
お客様が近づくとボールをくわえてピョコピョコ、ピョコピョコ。
大声で叱るとそのままくわえて飛んでいってしまいました。
呆気にとられながらもお客様ルールどおりの措置をしてプレー再開。
なんとお客様ナイスアウト。
その後パーであがられてカラスになぜか感謝されていました。

運営部 キャディ N・K

△up

マスター室便り (5/15)

会員の皆様、こんにちは。
日頃、キャディーマスター室でお客様のスタート等、時間管理を行っています小倉隆清と申します。

私も交野カントリー倶楽部に勤め早や6年が経ちました。
それまでもゴルフ場での仕事をしていましたのでトータル十数年ゴルフ場で仕事をしていることになります。

交野カントリー倶楽部に勤めマスター室での仕事をするようになってからお客様が夏場に体調不良を訴えることが多いのに気がつきました。

これからの時期、太陽の光が強く気温が高くなり芝からの照り返しも強くなってきます。それに伴い熱中症や脱水症状の方も増えてきます。

夏場には水分補給は当たり前になっていますが、本格的な夏を迎えるこの時期から水分補給や暑さ対策を行って、1日楽しくプレーできるよう体調にも気を配ってみてください。

もし、プレー中に気分が悪くなったり体調を崩されたりした場合は、キャディーまたはマスター室の私達にご遠慮なく声をかけてください。

お客様が1日安全で楽しくプレーができるようサポートしていきたいと思いますのでこれからもよろしくお願い致します。

運営部 マスター室 小倉隆清

ロビーの花 4月

コース内にも四季折々、色々な花が咲きます。
今月のロビーの花、テーマは『コースに咲く花』としてみました。

進入路からコース内のあちこちで雪を積もらせたように咲き誇る【雪やなぎ】

ロビーの花として挿してみたところ、ひときわ豪華な雰囲気を醸し出してくれました。

△up



 
交野カントリー倶楽部 交野カントリー倶楽部
〒576-0001 大阪府交野市倉治2937
TEL:072-892-1101 FAX : 072-892-1105

(C) Copyright_Photographs:Masakuni Akiyama